読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1,000万のその後は。

アラサー共働き夫婦。1000万貯金、世帯年収1000万達成のその後のムリムダのないお金の使い方を考える(2017年春出産予定)

べビ準備に読んだ本①

 予定日まで1か月をきりました。

里帰り先の実家でのグータラ生活に、最近、暇すぎて心が折れそう。。

とはいいつつ、産まれたら、ドタバタ生活になりそうだから、やりたいことアップデートさせつつ、有意義に過ごしたいです。

 

さて、前回育休中に読みたい本よして紹介した中で読んだ本の感想を備忘録でまとめてみようと思います。

akokoko.hatenablog.com

 

“母乳育児を目指すなら、読んでおくとおススメ”と友達に紹介されたのが、下記!

最強母乳外来 あらゆる悩みにお答えします!

最強母乳外来 あらゆる悩みにお答えします!

 

母乳育児に適した産院選び、妊娠中から始めると良いケアといった妊娠中の知識から、トラブル&ケア方法、ミルクとの付き合い方などなどをまとまてある。

 

母乳って、トラブルなく出るもんだと思ってたから、こんなにトラブルがあるのか!とびびりまくり。詰まるとか、きれるとか、赤ちゃんが飲んでくれないとか…辛すぎる。

さっそく、マッサージと馬油パックに励む日々です。

産院選びについては、たまたま選んだ病院が“24時間母子同室”という母乳育児には適した環境でよかった。

24時間母子同室と聞いて、“え!!夜つらいから、夜くらい預かってほしい!”って病院に対して思ってたけど、母乳育児には、24時間母子同室が良いらしい。

個室か、大部屋か迷っていたけど、“初産婦は大部屋の方が助産師さんに指導していただく機会も増え母乳育児には良い”とあり、大部屋にする決意も固まりました!個室代削減以外のメリットも知れて、少し不安だった大部屋も乗り切れそう!

 

こちらも紹介してもらった赤ちゃんの夜泣きに関する1冊。 

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

 

月齢別のスケジュール目安とかもあり、心強い1冊。

“朝7時くらいまでに起きて、昼間は明るい部屋で活動的に過ごし、夜は8時までに寝かせる!”

言われてみれば、当たり前なことだけど、たぶん意識しなければ、パパが帰ってきてからお風呂に入れて、パパとも遊ばせて、その間にパパのごはん作って、それから寝かしつけて~なんてやってたら、寝る時間は9時過ぎそう!

産まれる前に基本的なことを知ることができてよかった。

 

なんか、知れば知るほど、育児って知らないトラブル・悩みばっかりなんだな~と。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村