1,000万のその後は。

アラサー共働き夫婦。1000万貯金、世帯年収1000万達成のその後のムリムダのないお金の使い方を考える(2017年春出産予定)

お金が貯まる仕組み作り

産休中で時間があるうちにやりたかったことの1つに

“お金が貯まる仕組み作り”がある。

 

家計管理・貯蓄を見直してきた中で、

月々1万円の投資信託とか、月々2万円の持ち株拠出だとか、自動天引きで毎月積み立てという仕組みが、ストレスなく、貯蓄できて私には、あっている、と思ったこと。

忙しいときに、口座を作って、仕組みを作ってってやるのは、なかなか面倒なこと。

産休・育休で収入が減る中で、それでも貯蓄ができれば、復帰後、きっとさらに楽に貯蓄できる、と思ったこと。

我が家の資産は現金に偏りすぎていて、バランスを見直したかったこと。

子供が産まれたら、今ほど、家計管理に割く時間がなくなるのでは?と思ったこと。

 

などなど。。これらを、時間があるときに見直したいな~と思っていて。

 

具体的には、

・保険の相談をして、学資保険の最低限の原資を自動積立化で確保

・固定費(ケータイ)の削減

・持ち株投資比率の削減

じぶん銀行で外貨自動積立の開始

SBI証券の口座作成と入金

SBI証券で、手数料の低い投資信託の自動積立の開始

 

残っていれば気が緩んでついついお金を使っちゃう。

“固定費を削る”、“先取り自動積立をする”のが、時間がないときでも気づいたらお金が貯まっていた仕組みだと私は考える。

ここまでは、既に仕組み作りが完了したところ。

 

ここからは、今後検討していきたいこと。

 

・現金から配当狙いで割安高配当株の購入

銀行に預けるよりはましな利率を!ということで、配当狙いで配当比率の高い銘柄の株購入もしたかったんだけど、比較的株高な期間のため、手がだせず。去年のチャイナショック・Brexitのような株安に備えて、欲しい銘柄の選別といつでも購入できるように証券口座への入金をしているのみです。産まれる前に購入のチャンスがこないかな~。

 

奨学金の一括返済の検討

月々、ちまちま奨学金返済をするのが、面倒なので。

5月あたりに届くだろう通知をもとに、利子を考慮して、一括返済か継続か検討予定。

 

ふるさと納税の検討

今年は、出産に伴う医療費控除適用の可能性があるため。出産関係費用が固まってから、ふるさと納税を検討しようと思ってます。

お米欲しいな~。

 

ケチケチするのは嫌だけど、仕組み化して賢いお金の使い方をしていきたい。

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村