1,000万のその後は。

アラサー共働き夫婦。1000万貯金、世帯年収1000万達成のその後のムリムダのないお金の使い方を考える(2017年春出産予定)

格安スマホに乗り換えた

産休中にやりたかったことの1つケータイ料金の見直しを実行しました!

中学生の時から使っていたau

学割だなんだと恩恵を受けてきたけれど、学割も25歳以下割引も適用できない現在は月々iPhone本体代2,000円+8,000円=10,000円!も払っていた!

しかも、我が家は無線LAN。普段は自動車移動のため、移動中のネット接続も限られている。カケホーダイと言われても、そもそもそんなに電話をかけない。

高すぎだよな~、無駄だよな~と思っていたけれど、iPhoneの本体代の残価がかなり残っていて、なかなか見直せずにいた。

今回、本体代残価も減って一括支払いにも耐えられるくらいになってきたし、4月はクレジットカードのポイントもいっぱいつく月だし、ということで、乗り換えを決行!

 

今回、使用中のiPhoneの継続利用をするため、スマホ本体自体の選択肢の多さは気にならず、iPhoneが使えるmineoと楽天モバイルと悩んで、楽天モバイルに乗り換えました。

私が、楽天モバイルを選んだ理由は

◇評判が悪くないから

通信速度がおちるんじゃない?などと心配も多い格安スマホ。混雑時の多少のストレスは覚悟していたけれど、楽天モバイルの評判はなかなか悪くない。

 

◇近くに取り扱い店があったから

初めての格安スマホだし、契約してみて、やっぱり今のiPhone使えない!なんてことになっても困るし、店頭で質問できたほうが心強い。

 

楽天カードの使用を考えているから

現在使用中のLifeCardのポイント改悪のお知らせが数日前に届き、新しいクレジットカードの選択先として楽天カードが候補にあがってきた。楽天ポイントがついたり、楽天ポイントで支払いできたり、何かと便利そう??

 

ということ。

 

かかった諸経費は下記

iPhone残価一括支払 28,910円 

新月外の解約手数料3,000円(通常10,000円だけど、auの利用期間が長いということで割引適用)

MNP手数料 2,000円

計33,910円

楽天モバイルのキャンペーン中で3か月間無料ということで

キャンペーン割引▲1,600円×3=▲4,800円

計29,110円

auiPhone残価支払いまで継続していれば、本体分2,000円×7か月=14,000円自己負担が減っていたけれど、それを考慮しても月々の携帯代金が8,000円→1,600円に削減できるのは清々しい!!大満足です。

 

今はまだ、家での使用が多く無線LAN使用のため、格安スマホの実力を試せていないけど、また、使用感など感想をかけたらいいです。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村