1,000万のその後は。

アラサー共働き夫婦。1000万貯金、世帯年収1000万達成のその後のムリムダのないお金の使い方を考える(2017年春出産予定)

【ベビ準備】業務引き継ぎと復帰後のこと

3月末より産休をいただく予定で先月末より新しい方に業務の引継ぎを行っている。

私は経理の仕事をしていて、業務内容も難しいものはなく、経理業務をちょっと経験しているか、エクセルを使えれば、大したマニュアルもなく、簡単に引き継げるようなこと。

なのに、引き継ぎの方は、経理知識ゼロ、エクセルもほとんど使ったことない、元技術職の方。。その人が経理業務を経験したら、その人のキャリア向上につながる!とか、そういう意図も全くない、謎の人事異動。しかも、流行りの働きかた規制で残業減らせの命令付き。

 

引き継ぎでバタバタしないようにと思って、安定期に入る前に、早めに上司に妊娠のことを伝えていたのに。

そんな素人なら、引き継ぎ期間を長めにしてくれたらいいのに。

妊娠初期も体調不良等なく業務上、何も迷惑をかけていないのに。

 

誰のメリットにもならない、謎の異動のせいで、無駄な時間と手間がかかる引継ぎに毎日イライラがつのる。。。

 

とはいえ、育休復帰後は私も今までの働きかたができないから、これから迷惑をかける側になるのかな?とか。

業務引き継ぎ者をつけていただけたおかげで、産休に入れるのかな?とか。。。

自分に必死に言い聞かせている。

 

聞いた話では、

育休明けの職場復帰部署も直前までわからないとのこと。

働く場所も直前までわからないから、場合によっては会社の保育園も使えないとのこと。

会社の保育園も予約とかできるわけではないとのこと。

復帰前に人事面談があるくせに“復帰後時短で働きたい”とかの希望は復帰後の職場で直接交渉しなくちゃいけないとのこと。

 

なんて無駄の多い会社なんだろう。なんて効率が悪くて、誰のメリットにもならないことばかりなんだろう。

 制度や育休あけの権利を当たり前にして、あぐらをかくのもどうかと思うけど、もう少し効率よくならないものかと産休前からモヤモヤ。

 

確かに、都会の保育園戦争に比べれば、幸せな環境。

マタニティ雑誌を読んだりしていると、仕事を辞めざるを得ない人も多くて、制度があるという面でははるかに幸せな環境。

そう自分に言い聞かせつつも、ママになって働く上で、誰の為にもならない無駄な障害がチマチマと待ち構えていることを実感した。

 

世の働くお母さん、すごい!

世の働くお母さん予備軍の皆様、がんばりましょー!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村