1,000万のその後は。

アラサー共働き夫婦。1000万貯金、世帯年収1000万達成のその後のムリムダのないお金の使い方を考える(2017年春出産予定)

妊娠中の不調と自宅ヨガ

足のツリ、むくみ、肩こり、便秘、鼻血。。。

何かとトラブルが起きやすい妊娠中。

今まで、肩こり以外のこういったトラブルが皆無だった私。

妊娠して初めて、足がむくみやすい人だとかツリやすい人だとか、こうしたトラブルに悩む人の苦しさを実感した。

 

で、こうした不調対策として欠かせないのが、

自宅でできるマタニティヨガ

もともとヨガには興味があって、マタニティヨガのクラスとか探してみたところ、休日開催のクラスがなくて。しょうがなく買ったこの本。今では毎日お世話になっています。

DVDつき 安産マタニティ・ヨガ

DVDつき 安産マタニティ・ヨガ

 

 お風呂あがりに白湯飲みながら、ヨガして、妊娠線予防クリームを塗るのが日課。

最近は、ヨガしないと、なんとなく体のモヤモヤがすっきりせず、気持ち悪い。。

妊娠7か月くらいに見られた不調が、ヨガのおかげか、妊娠9か月の今、ありがたいことにゼロです。

 

もともと、20代のころ、習い事としてヨガに通っていて、キレイな先生とキレイなヨガスタジオと“ヨガをした”ということに満足感を覚え、お金もかけていた私。

ヨガをしている時間としては、月に3回ほど。1回90分程度だったんだけど。

本1冊で、毎日20分やっている今の方が、よっぽど、体に効いていそう。

ただ、この20代の頃の消費のおかげで、先生が言っていた呼吸法とか、リンパマッサージとか、今自宅でヨガするうえで、役にたっているし、教室を経験しているからこそ、教室に通わない自宅ヨガでも、私には意味があるって思える。

いつまでも消費し続けることは無駄だけど、消費して自分の経験として得ることは無駄ではないな~と思う。こうやって、無駄なお金をかけずに、自分の糧を増やせていけたらいいな~。

 

体がかたすぎで、ヨガのポーズによってはヨガとして意味あるの?ってくらい伸びていないポーズもあるんだけど。。ヨガを極めているお友達に相談したところ、

“体が硬くても、深い呼吸をして、伸ばすことに意味があるから、逆に体が柔らかくて、ポーズが簡単にできてしまって、呼吸が浅い人より意味があるよ!”

と、温かい励ましの言葉をいただいたので。

そういうものだと思って、私がリビングでふーふー言いながら変なポーズでヨガしている姿を横で笑いながら見ている主人に負けじと、続けたいと思う!

目指せ、不調ゼロ!目指せ、安産!

 

20代からの“消費”の変遷はこちら→

akokoko.hatenablog.com

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

洋服の大整理をしたら、物欲がなくなった

べビ準備として、洋服の大整理に手をつけました。

2年前に結婚して引っ越しして、そのまま段ボールに入れっぱなしだった洋服だとか、クローゼットの中を大整理。

そしたら、出てくるわ、出てくるわ、もう着れない洋服。

“あー、こんな服持ってたー”な洋服。

 

べビ用品が増えるから、スペースも少なくなるし、迷ったものは捨てる!と決めたら、あっという間に、ごみ袋2袋分に。

引っ越しの度に整理して捨ててきたつもりだったけれど、まだまだあるもんだな~。

 

忘れていた服を掘り出していって、いっぱいある洋服の中で、今現在、普段着ている洋服なんて本当に一部で。

あ、私こんなかわいい服持ってたのになんで忘れてたんだろう、と思うことも。

整理を進めるうちに、だんだんと洋服の多さと実際に着ている洋服とのギャップに嫌悪感というか、なんというか。

気持ちが悪くなってきた。

物欲が逆にストレス。悪にすら思えてきた。。

 

結論:洋服は覚えている範囲で数枚あればいい。

 

今の家に引っ越してから、仕事で私服を着ることもなくなって、旅行に行くときや休日楽しむ洋服があればいい状態で。

幸か不幸か、毎日通勤服におしゃれする必要がなくない状態だから、これからは、長く着れる好きな服を少しだけ持って、おしゃれを楽しもう。

 

今、持っている洋服でこれからしばらく楽しめそうなので、もう洋服は増やさない!!

と決意を新たに。

2年くらいを目安に定期的に物の整理をすると、いつの間にか増えてしまった不用品の多さに反省して物欲が減るので、おススメです。

 

今回、あまりに捨てるものが多くて、物欲が一掃された。

数日前まであんなに欲しくてウズウズしていたFinish Baby Boxへの情熱がすっかり消え失せた。べビ用品も“かわいい”に惑わされずに必要最低限なものだけ、揃えよう。

 

akokoko.hatenablog.com

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

【べビ準備】チャイルドシート購入!

ついに、チャイルドシートを購入しました!

選んだのはこちら。

www.toysrus.co.jp

ついでにカーシートプロテクターも購入

www.toysrus.co.jp

合計70,736円

プレママ限定、20倍ポイント還元dayを狙って購入したため、7,000円分くらいのポイント獲得!今後、ベビーカーとか、抱っこ紐とか購入予定のため、有効活用したいと思います。

で、今回我が家のチャイルドシート選びで考慮した点は以下。

 

■お互いの実家が県外のため、長距離移動が多い

私の実家から自宅に帰ってくるだけでも、生後1か月で3時間半の移動は確実。1歳までに最低でも1回は主人の実家(車で8時間)に帰省しそう。

 

■車2台で使用

普段は私の車につけて、長距離は主人の車に取り付けてという使用方法になりそう

 

■1歳以上は毎日通園に使用

保育園に通う頃には毎日車での通園になる見込

 

■今後、使いそうな子が1人以上いる

2人目欲しいし、妹や主人の妹も子供がまだなので、使えるかも?

 

使用頻度が高いため、ベビーカー以上に優先アイテムだったチャイルドシート

プレママストアツアー時に下見しておススメされたのが、

 

“Aprica”の“ISO-FIX”対応のもの。

 

ベッド型になるのはApricaだけのようで。新生児の長距離移動はベッド型が楽とのこと。

また、チャイルドシートの取り付けは、シートベルトで取り付けるタイプとISO-FIXっていう金具が車に装備されていて、カチッと取り付けるタイプがあるとのこと。で、シートベルト取り付け型に対してISO-FIX取り付け型の方が、取り付けが楽とのこと。

ISO-FIXなんて、チャイルドシート買わなきゃ、知らなかった機能だ。

2012年以降発売の新車には装備が義務化されているそうで、我が家の車は2台とも対応してました!

 

“Aprica”の“ISO-FIX”対応のものってなると、値段も結構するようで、“3万円くらいで買えないかな~”なんて予想を見事に打ち砕かれる。。

 

下見から、購入まで悩んで。

1歳くらいまで使用の安いものと、1歳以後使用の安いものの2台持ちとか。

レンタルとか。

ベッド型かISO-FIXかのどちらかをあきらめるとか。

色々、考えたけど、上記の我が家の考慮事項もあり、結局コレにしました。

デザインも主人好みのネイビー系があって、主人も満足。

 

とはいえ、6万越えは痛い出費。

産まれたら買いたいなーと思っている残る大物赤ちゃんグッズは、ベビーカーと電動スイング付ハイ&ローチェア。これを欲しいものそのまま買うと大物だけで15万くらいいきそうで。

ベビーカーは、安くて軽くなるB型時期まで抱っこ紐で凌げないかな?

2つともレンタルとか中古購入で安く済ませられないかな?と悩み中です。

 

ひとまずは、チャイルドシートを里帰り前に購入することができて一安心です。

 

赤ちゃんグッズ下見についてはこちら

 

akokoko.hatenablog.com

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

仕事をしないと支出が増える…

先週から、産休に入っていて、慣れない専業主婦生活。

で、なんとなく思ったのは、働いていた時よりも支出が増えてる!!!気がする。。

 

会社にいるときは、お昼は食堂だったけど、“せっかく平日お休みだから、気になっていたあのお店にランチに行ってみよう~♪”とか思ったり。

仕事中は、お菓子食べなかったのに、なんとなーく食べたくなって買いに行ってしまったり。

ネットできる時間が増えたことで、べビ用品もじっくり探せて、その分少し高いけど、かわいいものも目にするようになって危うく買いそうになったり。

平日暇なせいで、休日元気が有り余って、主人と出かけたくなったり。。

 

地方暮らしでもこうだから、都会だったら、習い事・買い物の誘惑も多いし、消費欲が出てヤバイだろうな~と。

 

今、子供もいないから時間もゆとりがある。動けるしじっとしていられない私の性格で。ということもあるけど。

私はやっぱり専業主婦より、働いていたほうが、お金の使い方も上手くいくみたいです。

たぶん、この“収入減るのに支出増える現象”って退職したばかりでも同じようなことがおきそうで。

今年定年を迎え、5年間の雇用延長に入る父も、たぶん家でじっとしていられないだろうから。5年後全く仕事がなくなった時に備えたほうがいいよ、と話しておこうと思う。

 

で、そんな暇を持て余し、消費欲が高まっている私が今ものすごく気になっているのが。。。

"Finish Baby Box”

フィンランド・ベイビー・ボックス - オリジナル版

男の子のグッズって心惹かれるものが少なかったけど、この北欧デザインの洋服たちは、女の子より男の子のほうが似合いそうだし。

自分じゃ選べないセンスの良いかわいいグッズがいっぱい詰まってそうだし。

で、かなり惹かれている。。。

 

けど、べビ布団は親戚から、未使用のものを頂けるらしいので、それを考えると54,000円はさすがに高いよな~と。。。布団もらえなかったら、迷わず買っていただろうけど。。

来週、里帰りするので、実家で母親と検討です。

少し気を抜くと、マタニティハイですごいお金を使いそうになるので、これからかかるお金とか、産休中に減る収入のこととか、考えて、引き締めていかねば!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

 

 

 

3月度家計簿結果発表!

【3月の結果発表】

現金残高    +14万円

投資信託  +1万円

持ち株投資 +2万円

合計    17万円

 

主な収支は以下。

f:id:Akoko:20170331101632p:plain

(家賃差額、持ち株は天引きのため上記に含まず)

カード請求ベースで管理しているため、月ズレ。

雑益はクレジットカードのポイント清算や古いPCの下取り益など。。微々たる金額だけど、手続きをしなかったらゼロの項目なので、うれしい!

レジャーは先月いったマタニティ旅行の温泉代や子供が産まれる前においしいもの食べたい!と食べにいった食事代など。良い思い出ができたから後悔していない出費です。

家具もべビ準備のため新調したもの。

携帯代が来月から激減する!と考えるとニヤニヤする。

とはいえ、4月には、保険の請求、車検。

5月には、自動車税、赤ちゃんグッズ請求、産休による収入減なんかが控えていることを考えると、浮かれていられないな~。

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

格安スマホに乗り換えた

産休中にやりたかったことの1つケータイ料金の見直しを実行しました!

中学生の時から使っていたau

学割だなんだと恩恵を受けてきたけれど、学割も25歳以下割引も適用できない現在は月々iPhone本体代2,000円+8,000円=10,000円!も払っていた!

しかも、我が家は無線LAN。普段は自動車移動のため、移動中のネット接続も限られている。カケホーダイと言われても、そもそもそんなに電話をかけない。

高すぎだよな~、無駄だよな~と思っていたけれど、iPhoneの本体代の残価がかなり残っていて、なかなか見直せずにいた。

今回、本体代残価も減って一括支払いにも耐えられるくらいになってきたし、4月はクレジットカードのポイントもいっぱいつく月だし、ということで、乗り換えを決行!

 

今回、使用中のiPhoneの継続利用をするため、スマホ本体自体の選択肢の多さは気にならず、iPhoneが使えるmineoと楽天モバイルと悩んで、楽天モバイルに乗り換えました。

私が、楽天モバイルを選んだ理由は

◇評判が悪くないから

通信速度がおちるんじゃない?などと心配も多い格安スマホ。混雑時の多少のストレスは覚悟していたけれど、楽天モバイルの評判はなかなか悪くない。

 

◇近くに取り扱い店があったから

初めての格安スマホだし、契約してみて、やっぱり今のiPhone使えない!なんてことになっても困るし、店頭で質問できたほうが心強い。

 

楽天カードの使用を考えているから

現在使用中のLifeCardのポイント改悪のお知らせが数日前に届き、新しいクレジットカードの選択先として楽天カードが候補にあがってきた。楽天ポイントがついたり、楽天ポイントで支払いできたり、何かと便利そう??

 

ということ。

 

かかった諸経費は下記

iPhone残価一括支払 28,910円 

新月外の解約手数料3,000円(通常10,000円だけど、auの利用期間が長いということで割引適用)

MNP手数料 2,000円

計33,910円

楽天モバイルのキャンペーン中で3か月間無料ということで

キャンペーン割引▲1,600円×3=▲4,800円

計29,110円

auiPhone残価支払いまで継続していれば、本体分2,000円×7か月=14,000円自己負担が減っていたけれど、それを考慮しても月々の携帯代金が8,000円→1,600円に削減できるのは清々しい!!大満足です。

 

今はまだ、家での使用が多く無線LAN使用のため、格安スマホの実力を試せていないけど、また、使用感など感想をかけたらいいです。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

 

 

【べビ準備】我が家の保険 検討結果

子供が産まれるにあたり、何回にも渡って、保険知識ゼロから検討してきた我が家の保険。

検討した結果、

①学資保険も兼ねる生命保険(450万相当)に夫名義で新規加入 月15,500円

②夫婦それぞれが入る会社の全労連共済保険は継続(死亡保障各500万)月2,500円×2

月20,500円

という結果に。

①は15年払い込みで大学入学時に返戻金として300万の準備金になるもの

②は会社で半強制だからやむを得ず。。。

 

保険検討前の基本的な考え方は、

・もしもの時の入院費用は、高額療養費制度があるし、貯金もあるから、保険でカバーしようと考えない

・夫婦どちらかが死亡した場合も、共働きのため、自分の生活費は自分で賄う。保険でカバーしようと考えない

と、起こるかわからない事象に保険でカバーするために無駄なお金を払うより、その分を貯金したい!という考えでした。

ただ、

・子供が産まれると、自分の生活費は確保できても、子供の分が不足する?

・そうはいっても、みんな保険に入るし、そもそも、私の考え方って何か落とし穴がある?

という漠然とした不安もあり、ここ数か月保険の相談と勉強をすることになった。

 

・学資保険にかわる生命保険

・終身医療保険

・ドル建て生命保険

・掛け捨ての生命保険

・収入保障保険

など、色々プランをご提案いただき、それぞれの保険の考え方や必要保証額の考え方も教えていただいた。子供の学費としてどれくらいのお金が必要かリアルな数字も見えてきた。

提案いただいた中で、迷ったのが、終身医療保険と収入保障保険

 

◇収入保障保険の検討

掛け捨ての収入保障保険では、夫が亡くなってしまったら、亡くなった時から65歳まで月々設定額の保険金をもらえるとのこと。この保障があれば、例え、1人親になっても子供を無理なく進学させることができる!と心揺れた。

 

年間32,000円。65歳まで35年間の掛け捨て総額112万円。

 

最終的に、加入しなかったのは以下の理由で“子供1人なら私一人でもなんとかできそう!なんとかしよう!”と思えたから。

 

1、都会に比べて学費がかからない。

ありがたいことに私の住む地域では、高校まで公立が当たり前で、大きく備えなければいけない学費は大学のみという状況で。具体的に国公立院卒自宅外通学の1,000万が1つの目安に。新規加入した生命保険分450万+会社の保険500万+αでなんとかなる?

 

2、遺族年金があるし、私も働く意思がある

遺族年金+今の仕事を継続できれば、1人くらいは育てられるかなと。

 

3、背負うものが少ないから選択肢がある

まだ家を購入していないため、今の土地にこだわって住み続ける必要がない。

いざとなれば、県外の実家に戻って、子供の面倒を見てもらい、働き続けるという手もあるなと思えた。

 

結果、今は加入せずに2人目が産まれた時または、働き方が変わった時に再検討の余地あり!ということに。

 

◇終身医療保険の検討

全く必要ないと思っていた終身医療保険について図らずも心揺れたのは

・国の医療保証制度は、自己負担1割→3割と短期間で改悪している。今後を考えると改悪の可能性はあっても改善する見込みは少ない点

・40代・50代で加入を考えても、既病歴によって入れない。保険料が高額になる点

 

今は必要ないけど、将来的に必要になるかも?と心揺れる。。。

30代後半から保険料がじわりとあがってくるとのことだったので、

結果、今は加入せずに35歳を過ぎたら再検討の余地あり!ということに。

 

◇今回の保険検討で学んだこと

・保険は自分に必要だと考えるものを選ぶことが大切

今回の私たち夫婦は上記のような結果で保険をできるだけ少なくと考え納得したけれど、人によっては、少なすぎ!って思う人もいるかもしれない。自分が納得するプランを選ぶことが 大切。

・健康って大切

健康診断の結果や喫煙歴で料率が変わる保険料。保険金想定の中で何度か入院したり、死亡したりした私たち夫婦(笑)。。。

2人健康でいることが重要だな~実感。そのために私が貢献できる改善余地ありなことって食生活の見直しとかかな?最近、太ってきた夫のためにも、食べることの重要性を見直してみるモチベーションにつながった。

・働き続ける決意がわいた

具体的に子供にかかる費用なんかを聞いて、働き続ける必要性を実感。

・保険じゃ貯蓄できない

昔は学資保険の返礼率も高かったけど、今では、増えることはない。学資保険以外で自分で投資したりして、貯蓄していく必要性を感じた。

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村